So-net無料ブログ作成
検索選択

世界に一つだけの花なんてない

人と比較するのはよくない、人から言われて気になったのだが、比較って悪なんですかね?

例えば「あの人背が高いよね」と言うとき、標準的な身長と比較してる。
そこに悪意がある場合は少ないだろう。

「あの人、背低いよね」には悪意が含まれる場合も多い。
「あたし、背の低い男ってダメなんだ」と、自分の身長も顧みずに言っている女性がよくいるが、この発言は比較を悪意に評価していると言える。

「うちの子、背が低くて心配なのよね」という母親の気持ちは愛情だろう。

というわけで、比較自体には善悪なんてない。その比較をどう評価するのかが問題なんだ。

もっと言えば、人との比較なしには配慮とか思いやりも生まれない。
電車で年寄りに席を譲るのは、年齢とか体力を比較するからできるのだろう。自分のほうが若いから、自分のほうが体力があるから譲ってあげよう、という、比較による配慮だ。

よく電車の中でおばさんグループが、
「あたしのほうが若いんだから村上さん座ってよ!」
とかやってる。
この場合、村上さんに対する配慮がある一方で、あたしのほうが若い、というアピールも含まれる。
比較を材料にして、善意にも悪意にも評価している例として興味深い。

つまりは、比較をどう用いるのか?を人間性というんじゃないだろうか。

「比較なんてしてないでオンリーワンを目指せ」
これもよく聞くフレーズだが、これって何だ?

例えば成績のよくない小学生に「でもお前はサッカー上手いんだからそっちでがんばったらいいよ」とか言うときに使うのか。

でも、勉強を捨ててオンリーワンのサッカーを目指せ、はあり得ない。
サッカーには勉強よりずっと厳しい比較の序列がある。

プロになれるトップレベルのサッカー選手って日本で1学年に何人いるのだろう? 数十人か?
でもトップレベルの大学には1学年で1万人以上入れる。
だったら勉強しちゃった方が手っ取り早い、ともいえる。

えーと、話がそれたが、オンリーワンなんてモノはこの世にないのである。
あらゆるカテゴリーで人は比較されて生きていく。それが社会だ。

ひとつの比較から逃げても、別の比較にすぐ捕まえられてしまう。

世界にひとつだけの花なんてない。
あったら持ってきて目の前に示してほしい。

もしドヤ顔で「これです」と持ってくる人がいたら、全力の悪意をもって比較してやる!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。