So-net無料ブログ作成

なぜ政治家はお金が足りないのか? 西川農相辞任 [ニュース]

こんにちは

西川農相が辞任しましたね。
またか、という感じですが。
また国会で野党が総理の任命責任とか追求して、
与党は「適法だったけど国政の停滞は見過ごせなかった」
とか、これまたいつものやりとりで収束させるのでしょう。

さて、この手のニュースは
「政治とカネ」という問題でくくられます。
この表現には、
「政治家はいつも悪どいやり方でお金を集めて私腹を肥やしている」
という意味合いが感じられます。
それによって世論を煽ろうというマスコミの常套手段ですね。

しかし、なぜ政治家はそうまでして、
場合によっては政治生命を断たれるかもしれないリスクを冒して
お金を集めるのでしょう?

「政治は金がかかる」と政治家は言います。
でもいったいいくらかかっているのか、国民にはわかりません。
国会議員の給与は129万4000円。
これに期末手当やら諸々の手当が加算されて総額は2200万円ほどです。
これ、給与所得者の給与としては多いように見えますが、
議員は実質、個人事業主のようなものなので、
これは売上金額といえるでしょう。

ここから経費が賄われます。
秘書などの人件費(公設秘書を除く)、事務所費用など、
毎月の固定費だけでも100万円以上かかるのが一般的なようです。
さらに月々の流動的な活動費、選挙費用などもかかります。

売上ー経費=利益
なので、個人事業主の場合、この利益にあたる部分が、
給与所得者の給与とほぼ同じ意味あいの収入になります。

2200万円という金額はあくまでも売上であって、
そこから活動経費を差っ引くと、ほとんど残らないのではないか?
という水準です。
具体的な金額がわからないのでなんともいえませんが、
これをわかりやすく国民に説明ほしいものです。

総務省のページから政治資金報告書の閲覧は可能ですが、
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
これ見てもよくわかりませんねw
典型的なお役所仕事。

そこで提案ですが、政治家が自発的に、
「2200万円もらってるけど、経費をこういうふうに使っているからもうギリギリで、実際には赤字。それを政治資金集めのパーティで補填している」ということを、つまびらかに、わかりやすく開示すればいいのでは?

正々堂々と開示すれば、「お金かかって大変ですね。応援したいので少ないですけど私も政治献金します」という個人も現れるのでは?

なのに、議員の考え方としては、
「できるだけ国民に隠しておこう、バレたら説明できる準備だけはしておこう」という方向に向かっているので、かえって墓穴を掘っているように思えます。

説明不足が常態化していて、西川農相の辞任会見でも
「分からない人には分からない」などと発言していました。
つまり、説明拒否です。

マスコミもフォーマット通りの取材しかしてなくて、いつも、
「給料2200万円ももらってて、さらにお金集めてますよー。ひどいですねー。国民のみなさん、怒りましょう!」という論調ばかり。
明らかにミスリードです。

政治資金を提供する側が、企業や利益団体など、政治家を動かして利益を確保しようという組織ばかりなのも問題ですね。

アメリカの大統領選挙みたいに、もっと個人から献金を集める努力を議員はすべきですね。
自分の活動を説明して、経費の使い途を説明して、とにかく説明を徹底することにより、ファンを作って、活動資金を募るようにする。

利益誘導型の政治資金で活動してると、議員も手足を縛られて思うような活動ができないでしょう。
明らかに無理無理な、時代錯誤な、利益団体を守るような言動に終始してる議員、見ててかわいそうになります。

日本を良い国にしてほしい、という気持ちからなる個人の政治献金を活動資金とすれば、自分のやりたい活動に邁進できるし、いいことづくめだと思うんですけど。。。

あーあ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。