So-net無料ブログ作成

台風でも何時間もかけて会社に来させる意味ってなに? [ニュース]

スクリーンショット 2014-01-24 10.56.43.pngスクリーンショット 2014-01-24 10.54.45.png
台風26号、大変でしたね。被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

おかげで今朝の交通機関のダイヤはめちゃくちゃだったわけで、
大変な思いをして出勤された方も多かったことでしょう。

私は東京近郊のターミナル駅近くに住んでまして、
今朝9:30 くらいにコンビニに寄るために外出したのですが、
駅がものすごい人、人、人でギュウギュウ詰めになってまして、
これは一体何ごとか、と様子を見に行ったのでした(ヤジウマ?)
あっ、ちなみに私は家で仕事をしている者です。

駅では、ケータイでさかんに「まだ動かないんですよ」とか会社に報告入れてる人が
たくさんいましたけど、そんなの会社側だって分かってますよね?
それでも報告する義務があるってことなんですね。

電話してる人たちも「しばらくそこで待機しろって言われたよ」とか言ってましたが、
なぜいっせいに休業ってことにしないのでしょう?

何時間もかけて会社に来させる意味ってなんなんでしょうね。

「もう2時間も待ってるよ!」とか怒鳴ってる人もいましたけど、
でも、でもですよ、それってテレビとかネットで情報を取れば、
動いてないことは分かるわけでしょう?
家で動くことが確認できたら出てくればいいんじゃないでしょうか?

動き始めたって、しばらくは乗車制限とかで乗れないわけで、
家からゆるりと出てくるくらいでちょうどいいのでは?
でもきっと「ゆるり」という感覚ではないんでしょうね。

ところで会社に行こうとがんばってる人たちは何が目的で行くのでしょう?
「仕事があるから」が第一だとは思いますが、
でも今日は仕事先もみんな機能してなくて、仕事にならんでしょう。

それより「行かないと怒られる」とか「何言われるかわからない」とか、
仕事以外の人間関係重視で駅で並んで待ってる、という気がしました。

「電車動いたら一番に乗って頑張って会社に来ました!」
という忠誠心に価値を見出しているというか。。。
そのためにいつ動くかもわからない改札の前に、
きれいに整列して待ってる人たちもたくさんいました。

電車動くのを待ってる人たち、もう全部で1000人以上はいたと思いますが、
これが首都圏の各駅で繰り広げられていて、その電車を待って、動いたらまたギュウギュウ詰めになって
会社にたどりついて。。。、そのエネルギーの総量は如何ほどになるのか?
それを自宅で効率よく仕事をすることに振り向けたら、どれだけの経済効果があるのか?

台風が直撃して電車が動かないだろうことは、昨日からわかってました。
だったら昨日のうちに自宅作業ってことで、決定すればいいのでは?
もちろんそれを決定した企業もありましたが、
当日になって、駅に並ばせて、「待機しろ」って会社には、
社員をマネジメントする能力が決定的に欠けてるのではないでしょうか?

そもそも会社って利益を生み出すことが仕事ですよね。
そういう会社は利益を追求するマネジメント能力にも疑問を感じます。

「自己判断で出社か自宅勤務か決めるように」でもいいと思うんですよ。
そんなに社員が信用できないのかな?

そして無理して会社にこさせる目的はなんなのか?、
待機しろと言っている役職者にはわかっているのでしょうか?
まあ、分かってたらやらないとおもいますけど。

こういう会社が、今の日本の経済疲弊を象徴してるような気がしました。
アベノミクスで数字だけ操作したって、現実の会社がこれではね。。。

台風一過の雑感でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。