So-net無料ブログ作成
検索選択

参院選後の民主党の議席を予想する。 [ニュース]

野田佳彦前首相、
「民主党政権時より日米関係は日米関係は厳しくなっている」
と朝日新聞の記事より。

しかしもう、何を言っても説得力がまるでないですね。
いまの民主党は、ストレートに安倍政権批判をしても墓穴を掘るだけ、
ということが理解できないのでしょうか。。。

国会の本会議や各委員会でも、
民主党は現党首の海江田、さらに前原、玄葉など
前政府の要職者が安倍首相に対して質問をしていましたが、
ことごとく
「じゃあなんでやらなかったんですか?」
と返されて終了。

そりゃそうですよね。
いまの民主党は、参院選でなんとかしなきゃ、
という焦りだけで突っ走っています。

実際、安倍政権は成果を上げているわけで、
その部分を突っ込んでも無理だってことが
なぜわからないのかな?

マーケティングの発想がないんでしょうね。
有権者がなにを欲しているのか?、
ということが見えてない。

有権者の新たなニーズを発掘、
そこにこそ全力を上げるべきなのに、
自民党の揚げ足取りに終始。
もう参院選の惨敗は目に見えていますね。

現在の参議院議席数は、
民主党 85
自民党 84
公明党 19
みんなの党 13
生活の党 8
共産党 6
みどりの風 4
社民党 4
維新の会 3
以下略

民主党は第一党なわけですが、
今度の選挙では自民党と比べて著名な候補もほとんどいないですし、
10議席を切る可能性も大きいですね。

自民党、維新の会、みんなの党、公明党につぐ、
第5党になりかねない。
意外と共産党が躍進して第6党かもしれない。

生活の党、みどりの風はこのままでは持たないでしょうから、
また民主党、維新、みんなとのシャッフルもあるでしょうね。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。